フォーナインズブログ

漫勉を観ました

NHKで放送中の漫勉(漫画家の先生が普段仕事している原稿中の
風景をカメラで撮影するという番組)、録画しておいた高橋ツトム先生の回を
今日朝ごはん食べながら観たんですがめちゃめちゃ衝撃的でした。
あの原稿をアシスタントなしの1人体制で描かれていることや
付けペンでなく筆ペンやボールペンをコピー用紙で線画を描かれている
ことにも驚きましたがいちばん衝撃的だったのはトーン処理!
線画を描き終えたらビニールをはさんで上から別紙をトレス台で透かした
状態で薄墨を使って筆で大胆に濃淡の処理を施してるではありませんか!
デジタル作業している方ならそれをどうするのかもうお分かりだと
思いますがパソコンに取り込んでその薄墨で処理したものをドット化して
トーンにしてるのです。斬新!!というかすごい…!
それをデジタル上で線画と合体させて原稿用紙にプリントしたものを
最後に加筆、ベタ、ホワイト等で仕上げてる訳ですが方法も技術も
すごすぎてカルチャーショック受けてしまいました。
この回観た絵を描く人の何割かは放送後に絶対真似してると思う(笑)!

860e81_42d06d4929874db084d4b2747c4cdda2-mv2.jpg

そして案の定自分も軽く真似して描いてみました。
へたくそなのでなんとも言えないですがいつもと違う感じにはなってますね。
そしてなんか古い(笑)!もっと水貼りしてふわっと描けば
もうちょっといい感じになる気もするからちょっと方法を
自分流にアレンジして再挑戦してみたいです。
いやぁそれにしても高橋ツトム先生すごかった…。

スポンサーサイト

2016/10/05(水) 00:00:00| 日記 | コメント:0